この3連休に行われている、大阪モーターサイクルショーに行ってきました。

今回の第一目標は、ヴェルシスX250の試乗をすること。

朝8時に、愛車XT250Xにまたがって出発。
名阪国道、西名阪、阪神高速を経て目的地であるインデックス大阪に11時頃到着。

さっそく入場券を買って、会場内に入ります。
会場内には色んなブースがありましたが、入ったところのすぐ目の前にはスズキのブースが。
まずは、これから見ることとしましょう。



って、あれはもしかして!?
大阪モーターサイクルショー 028

慌てて駆け寄り、現物を確認。
間違いない、Vストローム250だ!

あまりに慌てたものだから、写真がなんだかぶれています。

これまで写真で見てたけど、実車はもっと格好いい!
なんというか、質感がすごいんですよね。

またがってもOKなので、さっそく跨ってみました。
感想を一言で言うと、なんだか丁度いい。

初めて跨ったバイクなのに、全てがピタッと収まる、そんな感じ。

まず、シート高。
Vストローム250のシート高は780mmだそうですが、特に苦労することなく、普通にサクッと座れます。
私は股下72cmほどで、決して足が長いと言えるわけではないですが、両足が踵までしっかり付きます。ただ、足を下ろしたところにステップがあるので、移動する際は足が当たる可能性はあります。
ステップに足を乗せても、膝の曲がりが窮屈、ということもなし、ごく自然な感じですね。タンクがうまい具合にえぐれているので、シートに座ると無理なくニーグリップができるのも好印象。さらに、若干ながらもお尻を前後に動かす余裕があります。

ハンドルはやや高め。身長173cmの私が握るとほぼアップライトなポジション。Vストローム250はアドベンチャースタイルなので、このくらいの高さがちょうどいいですね。
シートに座り、ごく自然に手を出すとそこにハンドルがあるような感じ。

シートは厚みがあり、硬すぎず柔らかすぎずといった感じです。比較のために跨ってみたGSR250のシートが、やや固く薄い印象。という事は、GSRよりさらに座り心地がアップしている、と言えるでしょう。
このまま2時間くらい座ってみようか、と真剣に思いましたが、Vストローム250の周囲には跨りたい人がたくさん待ってました。ので、そうそうに退散。

車体全体はGSR250より大きな印象。自分の愛車のXT250Xと比べると、かなり太い感じ。
ただ、見た目に反して跨ってみると割とコンパクトな印象。これも、小さい、というよりは手頃なサイズという感じ。
大きすぎて扱いきれるのか?とか、持て余しそうという印象は全くありません。もちろん、小さくななんだか窮屈な感じ、というのも全くなし。
まさに、このサイズ、というのが第一印象でしたね。
このくらいの大きさだと、通勤やお出かけにも気軽に乗っていけ、なおかつ本格的なツーリングもこなせそう。

気になるスペックはナンバープレートのところに書いてましたが、まだ詳細は不明。
大阪モーターサイクルショー 032

続いて、Vストローム250の気になるディテール。
大阪モーターサイクルショー 033

フロントは丸目で大きめなヘッドライトと嘴が印象的。
嘴には切込があり、ライトを邪魔しないようになってます、

大阪モーターサイクルショー 035
大阪モーターサイクルショー 036

前輪とエンジン周り。
フロントフェンダーはGSR250に比べるとやや小ぶりかな?
それでも、タイヤの後ろまでしっかり覆われており、泥や水の跳ね上げが軽減されそう。

エンジンはGSR250のものをさらに改良した、とのこと。
より低速トルクが出るようになり、サーキットだと正直馬力不足だけど、街乗りとツーリングが楽しくなるように考えられているそうです。

こちらは後輪。

大阪モーターサイクルショー 058
大阪モーターサイクルショー 059

GSR250と違い、Vストローム250のマフラーは右のみ。
かなり太いマフラーになってますね。
排気音がどうなるのか、気になるところ。
あと、リアフェンダーもかなり大型。これなら、雨の日も、路面状態の悪いところでも泥跳ねの心配は少なくなりそう。

リアシートとキャリア。
大阪モーターサイクルショー 060

キャリアとシートにはやや段差があります。
また、思ったよりもキャリアは小さめ。
ただ、トップケースを載せるのが前提のようですので、これでいいのかも。
サイドにはサイドケースを付けるための穴があります。

ハンドル左側。

大阪モーターサイクルショー 061


一般的なウインカー、ホーン、上下の切り替えスイッチの他、ハザードとパッシングがついてました。

もう一度、ヘッドライトのアップ。

大阪モーターサイクルショー 062
よく見ると、2バルブになっている?


こちらはオプション付き。
大阪モーターサイクルショー 065


サイドケースの中はこんな感じ。
大阪モーターサイクルショー 066

めちゃくちゃ広い!ってほどでもないですが、500mlのペットボトル6本くらいなら余裕で入りそう。
思っていたより厚い素材で出来ており、万が一転倒しても大丈夫そうな感じ。

最後に斜め後ろから。
大阪モーターサイクルショー 069

この角度だと、より一層格好良く見えますね。



近くにスズキの人がいたので、気になるVストローム250の日本での発売時期とお値段を聞いてみました。

が、今のところ全くの未定(ということになっている?)で、発売日も値段も決まっていない、ということです。
今回の反響を見て、日本での発売をどうするか考える、というような事を言ってました。

が、Vストローム250の周囲には常に人だかり。
新型Vストローム650や1000もありましたが、それよりもVストローム250の方が注目されている様子でした。
また、Vストローム250自体がかなり目につくところに置いてあり、スズキとしても日本発売を睨んでいるのでは?と個人的には勝手に妄想します。

わざわざGSR250Sを生産終了にし、その光景となるVストローム250を開発したのだから、恐らく、というかほぼ間違いなく、というか是非とも、日本でも発売するはず。

お値段については不明ですが、私個人としては例え70万と言われても喜んで買う、それくらいの魅力がありました。

しばらくはスズキのサイトから目が離せないですね。